[ほうれんそう] ハイドン M 3万粒  サカタ交配

[ほうれんそう] ハイドン M 3万粒  サカタ交配

販売価格: 4,400円(税込)

重み: 10000g

数量:
秋冬まき用ホウレンソウ 



特長


1. べと病R-1〜9、11〜16に抵抗性がある。

2. 濃緑色、平滑な広葉で、葉先がややとがり、浅く欠刻が入る。

3. 立性で葉の絡みが少なく、葉軸がしなやかで

外葉がとれやすいため収穫作業性が優れる。

4. 葉枚数が多く株が充実するため、収量性が高い。

5. 比較的低温伸長性があるため、

一般地・暖地、露地の9月中旬〜10月上旬まき、

ハウス・トンネルの10月上旬〜10月下旬まき、

冷涼地の9月下旬〜10月上旬まきに特に適する。



適応性


収穫期における在圃性の高さが大きな特長であるため、

これを生かせる作型がおすすめです。1〜3月中旬まきでの適性は非常に高いです。

春先やや暖かくなると、べと病が発生しやすくなりますが、

R-11、13、15、16に抵抗性があります。

ただし、それ以降の播種は抽だいの恐れがあるので避け、

「ジャスティス」や「トリトン」などの晩抽性品種に切り替えます。

一方、秋まきでは9月中旬〜10月初旬(初秋)の播種が最適です。

非常に多収になり、かつ収穫作業性も大変優れます。

10月中旬以降の播種は、寒い年では収穫時期がかなり遅れてしまう恐れがあるため、

年内出荷を目指す場合、「クロノス」や「オシリス」などの

低温伸長性が優れる品種に切り替える方が安心です。



収穫

比較的在圃性はよいですが、年が明けて温度上昇期に収穫する場合は

生育が早くなることがあるので、とり遅れのないよう適期収穫を心がけます。

外葉を落としやすいため、収穫後の調整作業が容易にできます。







蒔き時期は画像をご確認下さい