[ねぎ] 夏扇タフナー 6000粒 サカタ交配  

[ねぎ] 夏扇タフナー 6000粒 サカタ交配  

販売価格: 5,760円(税込)

数量:
特性

1.夏越ししやすい、中早生の秋冬どり用一本ネギ。

2.根量がやや多く、根が強いために高温期の欠株が少ない。

3.生育中期までの太りは比較的ゆっくり進み、

伸びすぎや太りすぎる心配が少ない。

10月以降気温が低下してからの肥大性および伸長性がよい。

「夏扇3号」と「夏扇4号」の中間程度の肥大性がある。

4.草勢は中程度で、やや多肥条件でも暴れにくい。

立性、小葉で風に強く、管理しやすい。強風でも倒伏しにくく、

曲がりの発生が少ない。

5.霜による葉折れが少なく、厳寒期も比較的枯れ込みにくい。

6.皮むきがしやすいため、出荷効率がよい。



適応性

秋冬どりの作型で使用でき、特に12〜1月どりで能力を発揮します。

稚苗育苗の場合、2月播種11月下旬〜12月どり、

3月播種12〜2月どりが特に適します。温暖地では、

4月播種12〜2月どりも可能です。

3月以降は抽だいの恐れがあるので、2月どりまでとしてください。

肥大性が不足するため、夏どり(8〜10月どり)にはおすすめできません。

夏どりには早生品種の「夏扇4号」、「夏扇パワー」をご使用ください。



定植〜土寄せ

定植後、活着するまでは灌水を行います。

肥培管理は慣行の秋冬どり栽培に準じますが、

9月以降の追肥はタイミングが遅れないように行うことが大切です。

特性上、9月初旬では肥大が十分でない場合もありますが、

追肥はしっかり行い、土寄せ量は少なくして肥大を促すように

してください。9月の追肥により10月以降は生育が進みやすく、

12月まで肥大が続きます。

10月以降は収穫目標に合わせた追肥と土寄せを進めてください。

追肥における施肥量は、慣行と同等か2割程度多くするとよいでしょう。



収穫

耐寒性と在圃性は比較的ありますが、

品質を確保するために適期収穫を心がけてください。

3月以降は抽だいの恐れがあるため、2月までに収穫を終えるようにします。

暖冬の場合は特に抽だいが早くなりやすいので、収穫が遅れないように注意してください。






蒔き時期をご確認下さい。